移動運用 8月

8月17日~18日 長野県へ移動運用

当初の予定では峰の原高原や菅平高原と考えていたので行ってみたらイマイチだった。探せばそれなりのポイントがあったと思うが素通りした。

国道144号線であるが、その道をどんどん行くと群馬入りして嬬恋高原をうろうろ。そのうちえらい悪路の林道へ行こうとしていることが判明して引き返す。いいところがなかったのでちょっと戻って行ったのは湯の丸高原、池の平だが、ここも無線としてイマイチ。そこから東御市に下ったところで上田市の局と交信、その会話で美ヶ原が出ていたので思わず移動開始。2時間後には山頂にいたのだからその行動力を讃えるとともに呆れる。到着にて早速運用開始。

f:id:je9cii:20180818000816j:image

寒ーい夜

この日はこのまま車中泊。実は気温が日中は平地でも20度ちょっとだったので夜は恐ろしく冷える。昨年買った寝袋+薄めの毛布でもだめで結局車のエンジン熱に頼ることとなった。最低気温は10度以下だったと予想。標高が1900mなので寒いのは当然。この前からの連日の30度超えの日々から考えるとなんというこの差。熱中症ならぬ寒中症?。

最低使用温度が零度とあるが、少々寒がりの自分はもっと分厚いのを選べばよかったと反省。買ったのはたぶんこれ ↓。別にこの製品が悪いわけではないので補足。

イスカ(ISUKA) 寝袋 アルファライト 500X ゴールド [最低使用温度0度]

イスカ(ISUKA) 寝袋 アルファライト 500X ゴールド [最低使用温度0度]

出版社/メーカー: イスカ(ISUKA)

発売日: 2013/04/01

メディア: スポーツ用品

この商品を含むブログを見る

翌朝

翌朝は晴れて御来光をみることができた。

f:id:je9cii:20180819150339j:plain

f:id:je9cii:20180819144727j:plain

2日目 移動開始

その日は朝から移動して、松本市、聖高原、千曲高原といい場所を見つけたいのだが、なかなか無い。結局、千曲市桑原あたりの小高い場所に決めて準備する。

すると田んぼの持ち主らしき男性がやってきたので「ここでしばらく無線します」、というようなことを説明した。そのM氏とはこのあたりのことや田んぼのことなどしばらく話して楽しく過ごした。大変のどかな場所であり、「ここに住みたい」、とか感想を言うと、「空家はいくつかあるのでどうぞ」などと楽しい会話であった。

f:id:je9cii:20180819145920j:plain

そういう訳で、無線をしながらM氏との会話も楽しめてなかなか有意義な場所であった。また来たいと思う。

144MHzと430MHzのアンテナを三脚にて設置。↓ 遠くに見えるは菅平

f:id:je9cii:20180819150136j:plain

午後~家路

午後しばらくして家路につく。長野県のこのあたりから塩尻にかけてはうまいワインがあるので購入する。

長野市→善光寺→R406(好きな国道です)→白馬→糸魚川→北陸道

今回の総走行距離は約850kmでした。

感想

今回は初めて訪れた場所も多くあり、長野県好きな自分としては非常に満足である。傍から見るとしょーもない旅だが、そもそも目的が達成できればいいと思う。旅とはなんぞや。それは心の栄養、ではないかな。

無線とは関係ないが、松本市から聖高原へ向かう途中で会田宿も通った。ここは前から存在する場所もまったく知らなかったのだが、行きたい場所の一つである。今回はスルーしたが次回はじっくり訪れたい場所である。

今回の長野への無線移動運用は、お盆休み中の自分のイベントとして生涯記憶に残る旅のひとつになると思っている。

広告