アマチュア無線 電子申請

周波数の変更申請

今ではインターネットでアマチュア無線の開局や申請関係ができるようになっている。昨年から開局、変更など何度か申請しているが、いつ終了するかが興味あって暇さえあれば馬鹿みたいに何度もサイトを確認している。他の方の情報も含めるとほとんどは1ヶ月弱~1.5ヶ月で終了しているようである。今回は周波数の変更申請を行ったことを記したいと思う。ほとんどの方が終わるまでまだかなぁ、と待っていると思うので、こんな例もあるということで。

申請の流れ

まずは申請すると機械的だと思うが提出内容に矛盾がないか確認される。おかしな点があれば場合によっては数分で返信が来る。到達であればとりあえず内容に矛盾したことがないということである。

なお、申請する際に内容をバックアップしておくことをお薦めしたい。大げさなことではなく、申請の最後にバックアップしますか、というような確認があるので自分のパソコンのどこかに保存するようにする。ファイルはzip形式の1個のファイルとなっている。これはどう使うかというと、次回、よく似た内容の申請があると保存したこのzipファイルを読み込み、ちょっと修正するだけでOKなのである。無線機の番号はなんだったとか、結構あちこち参照することが多いので利用したい。私も今回は昨年バックアップしておいたものを流用している。

全体の流れとしては

提出 → 到達 → 受付処理中 → 審査中 → 終了

とこんな感じである。終了、の表示があれば認可?されている。ところが到達から終了までの時間的変化がその都度まちまちであり、ここが利用者が気をもむところである。あるときは審査中でずーっと停滞していたりする。今回は到達で停滞している。

もう2週間たっても到達である。来週末あたりが山場かもしれない。審査中を通り越してすぐに終了というパターンもあるらしい。まあ、あと2週間すれば終わっているだろう。こういう待ち、も楽しみのひとつである。

その後、確認すると3週間でやっと受付処理中、ときた。(10/2現在)

10/3夕方に確認すると【審査中】になっていた。

もう終了しているかと思い10/5午後に確認すると問い合わせらしきものあり。

なんだろうと思い、内容を確認すると返信用封筒が届いてないとのこと。まてよ、この前送ったはず、ということで直接電話すると確認しますとのこと。

しばらくして電話ありて【ありました】とのことでした。おかしな部署へ出した覚えもないしなんだろうと。まあいい。因みに確認すると終了でした。

遅くとも来週中頃までには届くだろう。申請してから22日で終了でした。めでたし。めでたし。

郵便

次の日、自宅で外仕事をしていると郵便屋さんがバイクで配達に来て、手元をみると自分が書いた汚い宛名の封筒を持っているのがちらりと見えた。来たね、と思った。

これが今回の変更結果です。変更内容は10M帯(30mバンド)と14M帯(20mバンド)の追加です。記載の周波数に全部出るわけではないのですが、14M帯は是非やってみたいバンドなので今後が楽しみです。

その後のネット

web上でコールサイン検索すると各局の情報が確認できる。2週間毎に更新、とある。

まめな方はこれで違法局を見つける場合がある。なので、自分の結果がいつ反映されているかが気になるところ。

今日10/29確認すると反映されていた。ちゃんと10MHz,14MHzがあります。さて、これで安心してアンテナでも自作しますかな。

 

以上、変更完。

広告