Google Adsenseの審査

ホームページやブログ運用していると場合によってはこのタイトルにもあるAdsenseとかAmazonのアフィリエイトを導入される方もいらっしゃると思う。これらはクリックしたり購入したりすると報酬が発生するというものであるが、今回はAdsenseのことについて簡単ですがちょっと書いてみたい。

自分の場合は現在のドメインにて別ブログで申請したところ拒否されている。1ヶ月ほど前のことである。今回はこのサイトで申請したところ約6時間でOKが出た。

なお、この記事は2018年10月10日現在のものであり、過去の情報は余り役に立たないというネット上での言葉より報告がてら書こうと考えた。そういう意味では信頼してもらいたい。ただし、自分の知識の範囲内であるということで。

Adsence審査

どれくらいまで構築すれば審査OKとなるのか、巷ではいろんな情報があるが、他のサイトにもあるように参考までにいくつか記しておきたい。

禁止コンテンツ

Googleからのお知らせにもあるが、これを守らないと審査には通らない。参考までに以下はGoogleへのリンクである。これに違反するとそもそも無理であるし、認証後でも取り消しがあるらしい。

https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja

投稿数と文字数

投稿数が10未満でOKだったというのもあるし、30くらいは必要だ、という意見もある。そういう意味で考えるとさすがに2,3とかの投稿数では良くないのでせめて20~30投稿数は最低あればいいのかと思う。

1投稿あたりの文字数も結構論議されている。せめて1000文字、できれば2000文字以上あればいい、ということらしい。

自分の場合は約30投稿数、文字数はばらばらですが、多い物でも2000文字、ほとんどは1000文字前後、中には300文字というのもある。

そういう意味では投稿数と文字数について、ある最低レベルはあるものの、判定比率としては低めではないかと思うがどうか。

内容

大事なのは内容だと皆さんが言っている。基本的に見に来る方は何か情報がないか検索閲覧しているので、本人以外どうでもいいようなことは審査としては評価が低いと思う。ちょっと考えてみて下さい。以下のようなサイトは次回見たいと思いますか。

朝 目がさめた、がんばるぞ

朝食なう 納豆

渋滞中

今日もラーメンだ

それより

朝 目がさめた 調子悪い。病院行こうかと思う。そういえば、自分の住んでいるxx県ではxx病院というのが名医であり、皆さん訪れているようだ。

今日もラーメンだ。前回はxx軒だったが、醤油派の自分としてはxx亭の特製xx醤油ラーメンというのが好みである。こいつがまた大盛りでいい。

というような内容であれば見た人は【なるほど】と思うと予想する。

あと、よく言われるのが何かに特化しているほうがいいと思う。例えば趣味の自転車、園芸、つりなど。自分の場合はアマチュア無線である。

無理矢理に内容を統一しなくてもいいと思うが、ある程度の専門性があったほうがいい。

他の広告

例えばAmazonや楽天とかの広告のことである。審査には関係ないという人と、不利である、という二つに分かれる。自分はAmazonの広告をいくつか散在させていたがOKでした。程度問題かもね。

 

以上ですが、参考に。これはどうだった?という意見あればお知らせ下さい。

 

広告