アマチュア無線 どこがたのしいか

タイトル?

いきなり変なタイトルだが、先日ふと思った次第。

この趣味というか楽しみ。無線機に向かう、誰かとQSOするだけが全部ではないようである。ほとんどの趣味と同様、結構奥深い物を持っている。

知らない方からの質問など

よくこの趣味を理解していない方からの質問で多いと思うものをいくつか挙げる。

どこまでとどくの
どんな相手とおしゃべりするの
よくそんなに話が尽きないね
なんか意味不明の略語みたいなのは何か

ここらあたりの質問はわかりやすく説明することにしている。大概は移動運用中で出会ったハイカーあたりが興味深げに聞いてくれるので面白おかしく答えることにしている。

そして以下は一番説明しにくい内容。

楽しい?

まず、何をやっているか、実験であること、そしてそれがどういう結果となるか、人との繋がりまで説明するには面倒な場合が多い。

なにせこっちはのんびりしているようで移動運用中であり、今の瞬間にもどこかの国内DX?局が出ているのかも知れないと思うとあまりゆっくり説明してもいられない。

ただ、興味をもってほしいので説明はしたいといつも思っている。

気長にやろう

これまでアンテナを含めた構成を結構触りまくってきた。部屋の模様替えが好きなのでモービルのアンテナの取り付け位置や部分的な改良など馬鹿が付くほど触っている。

しかしあれですね、変えられるものはあるにしても気長にやるべきことが多いと気付いている。この趣味というか楽しみ。

いくら頑張ってもすぐにアワードとか得られるものではないし、確実に地球裏側とQSOできるわけでもない。例え裏側に電波が届いていたとしても、そこで誰かが応答しないと成り立たない。

短期間で躍起になっても結果としてはそんなに変わらず。もちろん何もしなかったら得られるものもないですが。

そういう意味で、毎日コツコツとやるのがいいと考える。

気長にやっていれば自ずとチャンスが巡ってくる。この前もなんとなく聞いていたら交信したい地域とQSOできたように。

自分で創造

自分は昨年からのカムバック組だが、今年一年間は本当によく無線を楽しんだと思う。

話すも良し、造るも良し、改造するも良し、友と語るも良し。

それ以外の効能

移動運用をされる方はおそらく無線のみならず、他の楽しみもあると予想する。その場所までのドライブ、ご当地の食材購入など楽しみを同時に満喫していると思う。

そういう自分もドライブ、運用の合間のコーヒーブレイク、山々の風景などを楽しんでいる。

そう考えると、この趣味、他人と全く同じ形態とならないです。自分でたのしいことを創造しましょう。