FT-991A 1stインプレッション

さてさて今回はこの前入手したFT-991Aについて、その感想を記したいと思う。

なにせモービル機以外は私にとって初めてなので率直な感想となる。

比較にならないかもしれないが、これまでメインで使ってきたFT-857DMと較べたい。スイッチ類の数から勝負にならないかもしれないが、まあ何かと比較したいので。

また、これによりFT-857DMの良さを再認識できるかもしれないと思う。

以下の凡例 991:FT-991A   857:FT-857DM

操作性

まずはやはりスイッチが多いので何かをするにしてもいくつもの手順を踏まなくてよいというのがいい。スイッチが少ないと言うことは機能を兼用しているので仕方ないところ。

menu表示ではバンドスコープと設定の切換となるが、設定では12個くらいの項目が同時に表示され、直接操作できる。

例えばQRO(出力up)したいときは、

857:funcボタンを長押ししてRF POWERとし、ダイアルで調整

991:設定からPOWERを選択してダイアルで調整

となる。文書で書くと同じようだが、実際に行うと991が早い。

同じようにバンドを切り替えようとすると、

857:バンド切換ボタンを希望のバンドが出るまで何度か押す

991:BANDボタンを押し、表示されたバンドをタッチ

となる。

表面パネルの面積を考えると同じように評価するのは間違いであるが、やはり857の4倍くらいある991は操作しやすいということになる。加えて、当たり前かもしれないが、つまみ類がしっかりしているので操作感がある。

しかし考えてみると、857のあの少ないボタンで結構な設定項目があるということは凄いと思う。

もう一つ857の利点を挙げるとすれば、操作手順を覚えていれば極端な話、見なくても手探りで設定できるということがある。

受信性能

受信性能のうち、数値で表すことができる項目に感度がある。よく0.15uV以下、とかあるが、このあたりの数値はどれも似たり寄ったりではないかと思う。もちろんこれも性能の一部ではあるが、これ以外にもいくつか大事な性能がある。

要は、必要な信号をどれだけ聴きやすくするか、また、不要なノイズ、混信などをどれだけ避けることができるか、というのが性能と考える。

かなり前の機種では純アナログ方式のみのフィルターだったろうと思うが、それに加えて最近はDSP(デジタルシグナルプロセッサ)で受信特性を思うように変化させることができる。

また、受信部の構成で、どれだけ近隣の周波数を除去できるか、または影響を受けずにいられるかという性能も大事です。

受信部に同じバンドの過大な信号が入力されると、自分が合わせている周波数に関係なくえらいことになる。経験するとわかるが、それが50kHzだろうが1MHzだろうが混信する。

信じない局は同じバンドで片方を受信とし、もう片方を送信してみればその恐ろしさが時間できる。

このあたりも991と857では違った。

バンドスコープ

バンドスコープというかウォーターフォールというか、今いる周波数の前後の信号状態をモニター画面で表示するというものである。

なお、991Aのウォーターフォールについてはネット評価でおもちゃ程度との評がある。おそらくIC-7300や上位機種との比較だろうと思う。どうとるかは別として、しばらく使ってみているが、十分使えると思う。(以下は2019年6月追記)見た目は別として、どこに局が出ているかなどわかりやすい。私の場合はこれで事足りる。強いて言えば、本当に弱い電波はこれでは確認しくく、実際に周波数を合わせないとわからない。

下図の例では14.260MHzになっていて、14.273MHzあたりに何かが出ていることがわかる。ただ、こんな連続状態の場合はビートなどの不要な信号であることが多い。

移動運用などで何処かの局が出ていないかを確認する場合、ダイアルを上に下にグルグルやる機会が非常に多い。私だけかもしれないが、CQを出すのみでなく、やはり他の局のCQにも答えたいという場合、そうなると思う。

電源電圧

モービル機を含む991あたりはモービル運用で使用される局も多いと思う。その時に関係あるのが電源電圧範囲である。

普通は 13.8V±10% もしくは 15% である。

高い方は問題ないが、低い側に注意しないといけない。電源として何を使っているかということと、もう一つは配線状態である。結構配線での電圧降下は馬鹿にならない。

私のモービルでは5.5SQを4m、往復8m引っ張っているが、50W出力(FM)で確認すると0.3V程度落ちている。

計算すると、1mあたりの抵抗値を2mオームとし、それが8m、15A流すと

V = IR = (0.002 * 8)  * 15 = 0.24V

大体こんな感じで合っています。

私が使っている857,991は13.8V±15%であるが、ちょっとその範囲が狭いリグは注意である。

991で実験してみると、待機時に10Vを切るまで正常であった。送信だとここまでは無理かと思う。そういう意味で安心である。

実際、857での移動運用でも12Vを切っても安心だった。ただ、注意しないといけないのは、落ちないとしても出力が変になる、声がおかしくなる、といった状態があるそうなので気にかけた方がいい。

まあ、こんなところかな。新たな発見があればまた報告です。

追記 2019年6月

実際に運用して半年が過ぎた。他とはあまり比較できないが感想を。

  1. USBがあるのでFT8とかの運用が容易
  2. 軽いので移動運用や場所を変えるのが楽
  3. 小さいのでレイアウトを自由に変えることができる
  4. ボタン、ダイアル類はしっかりしていると思う。重厚感はないがそれなり
  5. やはり430MHz以下のバンドが全部対応しているのでこれ1台で運用できるのがうれしい。選んでよかったと思っている