YEAR

2018年

Wire Dipole 3.5/14/21MHz (part2)

先日設置したこのアンテナであるが、コンディションイマイチ、また出る時間がなかった。 11/25(日)は昼前から夕方近くまで出ることができたのでちょっと使ってみた。 14MHz 昼前からコンディションがまあまあとなった。あちこちから聞こえているようである。英語、フランス語、中国語らしきラグチューがちらほら。 15:00JあたりにCQを出している局があった。コンテストらしき呼び方だったので英語の得意で […]

ワイヤダイポール 3.5/14/21MHz トリプルバンド

前回、3.5/14のデュアルバンドアンテナを製作した記事は別にある。 今回はその給電部に21MHz用のワイヤーを追加してみたことを記したい。 平行でもいいのか 同じ給電部に複数のワイヤーまたはエレメントを追加して使用している局の記事をネットで確認すると何やら制約があるときた。 元のワイヤーと平行では駄目だとか、よく似た周波数、例えば21MHzと24MHzのようなケースはうまくいかないとかある。 ア […]

2m プリアンプ を使ってみた

この前、あるOMさんより2m用プリアンプを戴いた。そのことを記載したいと思う。 受信弱い? 今年春から移動運用であちこちからCQまたはそれに応答してきたが、どうも送信に対して受信が弱いと感じた。 例えば、10dB程度のゲインのあるアンテナで出力30Wで送信したとき、相手からのレポートは59として、こちらは55~51の場合があった。51のケースは予想ではあるが相手がプリアンプを働かせている可能性が大 […]

DCブラシモータの制御

ある案件でDCブラシモータの制御を行った。その時に試したことをメモする。 なお、基本的なことだけ書いてあるので、保護素子や過電流、短絡保護などは省いてあるので注意願いたい。 種類 ここで言うDCブラシモータとは、固定子に永久磁石、電機子に整流板を持ったものである。ちょうど模型用モータのようなイメージである。 もっと正確に言うと、永久磁石界磁形整流子電動機ということになるが、長ったらしいので以下DC […]

電子回路のDC電源 シリーズレギュレータ編

DC電源がほとんど 大概の電子回路では直流(以下DC)がメインであり、交流(以下AC)で動作するものは希少である。例え、ACを扱う回路でも演算制御するパートははDCとして動作していることが多いと思う。 今回はそんな電源、シリーズレギュレータ、それも比較的小規模なものについて考えたいと思う。 何か元となるDC電圧があり、そこから目的の電圧を生成するという定義での回路を考えたい。なのでトランスとか整流 […]

JA International DX contest 14MHz

この前製作したワイヤーダイポールで14MHzに出てみた。 11月10日に表記のコンテストが始まっていた。たまたまCQ出していたリトアニアに応答してみたが全く届いていないようだった。時間も19:00JSTなのと、自分のアンテナでは無理ないかと思った。また明日試そう。(11/10 夕方記) 11/11 昼前に4局QSOできた。マレーシア、グアム、東ロシア、台湾だった。 いずれも大きいアンテナの局だろう […]

アンテナ考 CR8900

今年夏前に入手したアンテナにCR8900がある。 10m,6mから2mにこの一本で出られるモービルホイップだったのでこれは面白いと思った。 [amazon_link asins=’B002G1P736′ template=’ProductCarousel’ store=’je9cii-22′ marketplace=̵ […]

JARL の会費は高いのか

JARLとはなんぞや 【JARL】と書いてじゃーると読む。日本アマチュア無線連盟のことである。非営利団体であり、アマチュア無線の発展に貢献してきた。 JARLのサイト 様々なことを行っているが、我々アマチュア無線家が一番お世話になってるのはQSLカード転送ではないかと思う。もちろん普及発展のためにもう90年近く前から貢献してきた。 会費について よく巷では会費は高いんじゃないの、という声がチラホラ […]