MONTH

2019年9月

6m(50MHz) の周波数慣例 SSB

単に6mバンドへ出るといっても無線機のVFO設定はどこでも可能であるし送信もできる。ところが実際にはそのバンド内でもいくつかのパートに区分されており、モード毎に決められている。好き勝手に運用することはできない。一般に言うバンドプランである。これは総務省の告示によりJARLが「こう運用してね」という内容である。 無線局運用規則第258条の2の規定に基づく「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数 […]

6m の 短いモービルホイップを自作

自分の車には移動中のラグチュー用にモービルホイップを取り付けてある。 元々はなが~い6mや10mのアンテナ、長さにして1.5mはあっただろうか。それらをつけていたのだが、なにせあちこちにぶつけるし、邪魔である。カムバックしてから1年ちょっとは電動基台K9000を使っていたが、これも面倒になってきてHF用のアンテナは積んではあるものの基台にはつけてない。 あるのは2m/0.7m用の70cm程度のもの […]

移動運用 16回目 2019年9月28日 石川県羽咋郡宝達志水町 宝達山

今月の中頃に行ってみた宝達山に再度行って来た。先週は雨だったので移動運用はできなかった。 天候に振り回される いつも移動運用に行く数日前から当日の天候はどうなるのかは気にしている。雨なら中止としたい。欲を言えば、晴れて風が弱めが理想である。 9/28(土)にしようか、9/29(日)にしようか、数日前から天気予報とにらめっこ。最初は両日とも雨だったが、そのうち土曜だけ曇りとなった。それが金曜日になっ […]

アマチュア無線 自分に合ったバンド

アマチュア無線用として割り当てられたバンドは約15前後あるが、実際にどれだけ出ることができるかはその局の希望、設置できる設備にもよるが、5~10前後ではないかと思う。そういう自分も現在のところ出ることができるのは8バンドである。また、それぞれのバンドにおけるモードについても決められたものであれば可能だろう。 カムバックして2年が過ぎ、あれこれ試してみたが、やはり自分に合ったバンドというのは存在する […]

移動運用 15回目 2019年9月15日 福井県あわら市 刈安山

さて先日に続きまた移動運用です。今回は刈安山、1ヶ月ぶりです。 3連休の中日であり、移動局はあまり居なかった。皆さん家族サービス、他で無線どころではないのかな。あちこちでイベントがあるようで、無線しているのは自分だけ、という感じ。 今回はお客さんが2組あり、まずはジムニー乗りの方。結構レアな車両であれこれメンテして愛用している様子だった。私のアンテナを見るなり【6mですね】と一言。聴くと以前やって […]

移動運用 14回目 2019年9月14日 石川県羽咋郡宝達志水町 宝達山

ここへの移動運用は初めてである。正確には25年ほど前にハンディのテストでフレンド局相手に運用したことがあるが、あれは運用とは言い難い。今回は12,3年ぶりとなった。 この山は能登半島で最高峰の山である。これまで無線とは関係なく、小さい頃から30回ほどは来ていると思う。そのころのイメージが強いので来る前からきっと開けていていいだろうと一人で楽観的に喜んでいたが来てみたらかなりの変貌だった。割と木々が […]

コールサインのサフィックス

私らアマチュア無線局にはそれぞれコールサインが割り振られている。QSOでは皆さん必ず送出することになる。 あるネットでの会話だが、同じサフィックスで繋がったときはうれしかった、と他局の感想を読んだことがある。なるほどそんな気分なのかなとそのときは思っただけだが、実際自分と同じサフィックスである局はどれくらい居るんだろうと考えた。サフィックスというのは例えばJA9xxxのxxxである。 自分のことで […]

電波との関わり

いつも家、移動先に関わらず無線をしているとなぜ電波はこんなに遠方まで飛ぶんだろう、そもそも電波ってなんだ、と考える時がある。誰でもそんな想いを持ったことがあると予想する。 マイクに向かって喋った音声が遠方まで、と思うから違和感があるので、例えば太陽光線が遥か1億5000万キロからやってきて、2019年夏の猛暑を生み出しているとか、北極星つまりポラリスは4000兆キロ、400光年からでも肉眼で確認で […]