移動運用 10/28

10月最後となる移動運用を行った。場所はよく行く富山県南砺市の医王山、国土原である。ここへは今年でもう10回を超える移動運用となった。 しかし寒かった。平地の最高気温が17℃~19℃とかであると思うのでまあ15℃くらいかと思いきや実際は10℃であった。更に雨が降り、やけに寒いと感じた。 標高800mもあればそうだろうとはわかっていても、実体験すると納得する。下の砺波平野は明るく展望できることを考え […]

ハイサイド電流検出について

電流検出方式 電子回路において、時々であるが電流計測が必要になる場合がある。 外部で計測できるような回路であればいいのだが、基板内での消費電流そのものを知りたいときは何らかの方法で計測する必要がある。 大雑把であるが方式としては電源側で計るもの(ハイサイド)、グランド側で計るもの(ローサイド)の2パターンに分かれる。 ハイサイド方式 利点 :電源元は通常1カ所なので回路構成しやすい :回路のショー […]

シールドバッテリーの放電特性

たまたま入手したシールドバッテリーがFT-817NDや818に使えそうだった。 小さい容量だがいったいどんな特性、特に放電時の電圧降下を確認したくて電流を流して電圧を見てみた。こんな意地悪的な実験が大好きです。 バッテリーはこんなの↓ FT-817NDの消費電流は実測値で以下のようになる。 待機時     約0.5A 最大出力時   約1.5A 充電していると +0.2A バッテリーのみで運用して […]

足場パイプ使用 アンテナタワー

よく工事などで使われている足場パイプを使ってアンテナタワーを造ることとした。アンテナタワーと言うにはちょっと大袈裟であり、正確に言うと足場パイプを使ったポールといった案配である。 なお、別の投稿で関連する内容があるので参照されたい。 経緯 今年の秋からは固定でも無線できるようになんとかアンテナを設置したかった。設置するとすればなるべく高い位置にしたい。ということは一般的には屋根の上ということになる […]

THE THOR を使ってみた

THE THOR を使ってみた。Wordpress経験は浅いので感想が正しいのかどうかは怪しいが参考に。 インストール 既に導入された方の情報でインストールした。このとき注意したのはプラグインを全て一旦無効にすることだった。あとは親を入れてから子テーマを入れたことです。このテーマはある程度プラグインを含んでいるらしいですが、どこまでなのか後日確認したいです。必要だと思われる最小限のプラグインのみ有 […]

移動運用(プチ) 10月20日

今回は滋賀県甲賀市へ行ってきた。題名にもあるようにプチ運用です。自分にとっては初めての3エリア運用だった。 しかし、今回はドライブがメインであり、無線は二の次だったのでアンテナは6/8λのゲインが少なめのモービルホイップのみで運用した。 信楽町 ここはもう30年以上前に友人とたまたま通ったときから好きになった場所であり、今回は6年ぶり位に行ってみた。 しかし、ショボいモービルホイップでは届かない上 […]

CQを出そう

アマチュア無線でQSOするということは誰かが誰かを呼び出して通信が成立する。ちょっと大袈裟な言い方になるが、どちら側になるかで結構心構えが違うような気がする。知っている局同士でいつも交信するのとはちょっと違います。 そのあたりを含んだ、これからCQ出したり受けたりして無線始めたいがどうしたらいいかをメモしたいと思う。そういう自分も初心者みたいなもんですが、なにかあればご指摘ください。 CQとは あ […]

ワイヤーダイポール 18MHz

給電部再利用 前に投稿したワイヤーダイポールは虚しくも今年の春、撤去され、物置にてしばらくお休みでした。 前回の記事:ワイヤーダイポール その1 ところが何を思ったか、今年のコンディションもはや終わりという10月中頃にふと18MHz帯に出てみたくなったが、アンテナはないのでこのダイポールの出番となった。 給電部はもちろん使えるので、あり合わせの電線で前回よりも下側に距離をおいて、まったく違った場所 […]

ワイヤーダイポール その1

経緯 昨年からHFに出たくてアンテナをどうしようかと考えていた。ちょうど移動運用のアイテムを揃えている最中でもあったので予算としてあまり心許なかったこともあり、固定用として、まずはワイヤダイポールアンテナにしようと考えた。ワイヤダイポールとはその字の通り、アンテナの長い部分を電線などのワイヤで構成するということです。 例えば市販品の例ではこんなのがある↓ ダイポールアンテナというのは中央に給電部( […]

アケビ屋敷

アケビとは アケビは漢字で書くと通草とか木通となる。アケビ属アケビ科、蔓性落葉低木の一種とある。 子供の頃はよく近くの里山へ行って遊びがてら、よく食べたものである。食べるといっても、ある程度柔らかいところを飲み込んだあとは例のごとくペッペッ、と口から吹いて遊んだものである。 中身は甘いが、外側の分厚い皮?は苦くてうまくない。何年か前だが、天ぷらにするとおいしいとあったので実行してみたが、やはり苦か […]